サービスについてService

事業承継

円滑な事業承継には長期にわたる準備が必要です。後継者の選定から育成、自社株対策など早い段階から取り組むことが大切です。

事業承継の際に苦労した点(複数回答)

事業承継は、単純に経営権を引き継ぐことだけではありません。

企業に対する経営者の想いや、経営ノウハウなど、目に見えない財産まで、しっかりと後継者へ伝えることが重要です。事業承継の際に苦労した点として、多くの企業が「経営力の発揮」を挙げています。
資産を引き継ぐだけでは「経営力の発揮」は難しいのです。

事業承継のタイミング

実際に後継者が、事業承継の時期として「適切だった」と回答しているのは、30歳代~40歳代で約半数を占めています。
50歳代~60歳代になると、「もっと早い方がよかった」と回答している割合が急激に増えています。

早期に後継者の選定をし、後継者の「経営力の発揮」のために、経営者の想いや経営ノウハウを計画的に伝えていくことが大切です。

円滑な事業承継には、自社株対策が欠かせません。

評価額が高くなるポイント

  • 会社所有の土地を多く持っている
  • 地価の高いところに会社所有の土地・建物がある
  • 社歴があり、経営が堅実
  • 利益があがっている
まずは自社株の把握
未公開の企業の株式にも評価は付きます。
よって自社株の評価額(価値)はどれくらいなのかを知っておく必要があります。
なぜなら、換金性がないにも関わらず、財産として認定される(課税対象)ためです。
次に自社株の買取資金
株式の分散は経営上、大きなリスクとなります。そのため、後継者でない相続人や、経営上関係の薄い株主が保有している自社株を、後継者へ集中させるために、買取資金を準備しておく必要があります。
そして納税資金
自社株を取得すれば、財産額によっては「納税」をしなければなりません。
自社株は換金性が無い為、計画的に納税資金を準備する必要があります。

本サービスの導入事例