サービスについてService

相続

「相続」を「争族」としないために早い段階から準備をしておくことが大切です。

相続財産の金額の構成比 遺産分割対策
財産の半分以上は、単純に分割のできない事業用資産(土地や家屋などの不動産)や換金性の低い自社株です。
預貯金や現金、有価証券などはもちろんのこと、「争族」が起きないように「だれに・なにを・どのくらい」相続させるか具体的に考えておかなくてはいけません。
納税資金対策
相続財産の中には、換金性の低い財産が多いため、納税資金として活用できる流動性の高い現金を準備しておく必要があります。
財産に対して、納税額がどのくらいになるのかを把握し、納税資金を準備しておくことが大切です。
生前贈与 二次相続対策
財産を引き継ぐ方法として、生前に贈与する方法があります。
しかし、「相続」が有効か、「贈与」が有効なのかは、財産状況などによって異なります。
しっかり見極めたうえで、計画的かつ長期的な対策が必要となります。
配偶者が相続した財産を、さらに子供が相続するというような二度目の相続のことを、二次相続と言います。この場合にも、相続税は発生します。
二次相続では、配偶者控除などの優遇措置がないため、納税額が高額になる可能性があります。
ですから二次相続までを想定した準備が必要です。